おまゆう~お前らYouTuberについてどう思う?~

YouTuber(ユーチューバー)の紹介や話題についてのまとめ、個人的な感想を書くブログです。コメントもお待ちしています!!

【シバター】ヒカルに『怖い』、新事業や夢を追うことについて語る。

シバターさん、ヒカルさん、どっちも好きなごとおです。

 

2017/05/28にシバターさんが投稿した、『ヒカルの新事業について本音で語ります』という動画。ヒカルさんの新事業について感銘を受けた人ほど、この動画は見て欲しいなって思います。

ヒカルさんの新事業についての記事は↓こちら!

omayou.hatenablog.com

 

シバターさんの考えにかなり共感できる部分が多かったので、彼の言葉を引用しながら感想を書きたいと思います。

 

目次

ヒカルさんの新事業についてシバターさんの感想

 ・ 大企業が学歴があってスキルがある人と、学歴はないけどスキルがある人の2つがあって、どっちを採る(採用する)かっていったら、学歴もスキルもある人を俺は企業は採ると思うから、そんなにうまくいくかな?って思っている。

・事業はやってみないと分からないし、ものすごく画期的なシステムを作り上げたら成功するかもしれない。やってみるまで分からないと思うけど失敗すると思う。

高卒だろうと大卒だろうと、学生という身分を卒業した時点での、仕事や社会に対するスキルって何も持ってないに等しいんですよね。

仕事に役に立ちそうな高卒の人が持っている特技を、大卒の人が持っていないとは限らない。同じものを持っているのであれば、学歴のある人を優先しますっていうのがシバターさんの意見ですね。

これは確かにその通りで、実際に企業が大卒を採用しているのも、そういうところから来ているのだと思います。

 

シバターさんがヒカルさんを怖いなって思う理由

・凄い無責任に、夢とか才能とかを煽ってきている。

・ヒカルの言葉に共感して、「俺にもできるかもしれない」「俺にも才能あるかも知れない」っていう子供達が出てきている。 

・ヒカル言うこと言うことひとつひとつに共感して、「確かにそうだ、ヒカルすげぇ」って言ってる奴が出てきちゃってることが、怖いなって思う。

ヒカルさんのヒット動画となった祭りくじの動画なんかもそうですが、ヒカルさんって周囲を煽って味方につけるのがすごく上手いですよね。

画の中で子供達がヒカルを盾に野次を飛ばしているのですが、あれってヒカルさんの動画のコメント欄でも似たような現象が起きています。

ヒカルさんが上手く誘導して、子供が自発的にそういう行動に出ていることに対してシバターさんは警笛を鳴らしているのでしょうね。

 

ヒカル君自体にはすごい色々な才能はあると思う

・商売の才能とか、おしゃべりの才能、行動力もあるし凄いと思う。

・ヒカルの言葉にひとつひとつ共感している人って、詐欺師に騙される素質があると思う。

 ・ヒカルの一番凄いと思う能力って、大した事ないことに説得力をもたせる事だと思っている。

ヒカルさんみたいになりたいと思う子供達って多いと思います。でもほとんどの人がなれないでしょう。それを誰でも等しくチャンスはあるんだと思わせることで、人を巻き込んでいくのが怖いという感じです。

一言一句賛同し、共感するってのはかなり危険ですよね。

私もヒカルさんの動画は面白いので好きですが、たまに?と思うこともありますし、『信者』ではなく『ファン』という目線と立ち位置で見ています。

 

漫画家を目指していて学んだ「夢」という逃げ道 

「夢」を追うことの怖さ

大学を卒業して2年間働かずに漫画家を目指していたシバターさん。

自身が夢を追っていた体験から、「夢」を追うことの怖さについて語ります。

・漫画はほとんど描かずに、「漫画家になれるんだ」「漫画家になる才能はあるんだ」と思い込んで、自分を騙して2年間遊んでいた。

・定職に就かないことの逃げ道として『夢』という言葉を使っていた。

・それに(上記の2点に)気付いて就職した。

2年でちゃんと気付けたというのが賢いですね。

諦めなければ可能性はありますし、中には才能ある人もいるから、『夢』という言葉が必ずしも悪いわけではないのですが、自分が『普通の人』として働くことから逃げて、フリーターをしている人たちの多いこと…。

 

自分がYouTubeで稼げているのは宝くじに当たった感覚

過去に、『好きなことで生きていく』というYouTubeCMのパロディ動画を出したシバターさん。私も凄く好きな動画で何回も見ていました(笑)

今までシバターさんのチャンネルトップにあったのですがもう消したのかな?

そのときのパロディの内容については、現在も継続して同じ考えを持っているようで、下記のように語っていました。

 ・『YouTuberという職業は、夢や希望を叶えられなかった大人が、手元に残った一芸で日銭を稼いでる場所』というのは今でも思っている。

・才能じゃなくて、宝くじに当たった感覚。

・たまたま持っているお喋りの感じと、YouTubeがたまたまピタッと合って、たまたま稼げてる。

・YouTuberを目指す子供達に、YouTuberを目指そうぜと煽れない

・YouTuberって凄く危険だし、いつ終るかわかんないから、(中略)無責任に才能あるかもしれないよ?と(視聴者に向けて)言うのは怖い。

 

才能が無い事に気付いて、地道に生きていくことも大事

・夢を持つことっていいことだと思うけど、反面呪いみたいなものだと思う。

・夢があるからフリーターの生活から抜け出せない(人もいるので)、夢って素晴らしい、希望を持つことって素晴らしいとは言えない。

私の知り合いとかの話で申し訳ないのですが、大体の人は30歳ぐらいで『普通の人』になることを選択します。結婚であったり、親が歳を取って色々なことを意識しなければいけない年齢になってくるからです。

そして、30歳をすぎて才能に芽が出る人はほとんどいません。

それでも続ける人はどうしようもないダメ人間か、周囲に合わせることなく自分の夢を真剣に追っている人です。

 

人生なんてその人が決めればいいし、他人からすれば知ったこっちゃないのですが、シバターさんは『夢について疑って冷静になること』を考えてほしいのだと思います。

各分野で成功している方を見ていると、現実を知って自分のことを冷静に見ることが夢への近道だと、私は感じますね。なのでシバターさんの意見は夢を持っている若い方にこそ聞いて欲しいです。若い頃ってそういうの聞きたくないでしょうけどね(笑)

 

最後に

今回のシバターさんの動画は、いつものようにバシッっと物申す!という内容ではなくて、少しぼんやりした動画でしたね。

シバターさんの物申す系の動画は、ネタやコントの要素を盛り込んだプロレス的要素の強いものなのですが、今回は考えていることの本音を喋っていたかと思います。

まっすぐしか物事を考えれない人っていますし、子供の頃って特にその傾向は強いです。自身の体験を説明しながら、信じることの怖さについて語るシバターさんはいい大人だなって思いました。

最後はヒカルさんのことを、天才詐欺師と言って締めていたのもさすがですね(笑)

 

私は、ヒカルさんも好きですが、シバターさんも好きです。

どっちかの意見に偏らず、いろんな人を好きになって、その意見を参考にしながら『自分』の意見を伝えれる大人になりたいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

あなたはシバターさんの語る夢を追うことの怖さについてどう思う?

 

 

ブログランキング参加しております。

クリックして頂けると、今後の励みとなります!

よろしくお願いいたします!


YouTuberランキング